スポンサーサイト

  • 2009.10.14 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

京都はいろいろあるんです。

  • 2009.08.23 Sunday

京都市内の超がつくほどの観光地でバイトしております私ですが、

行き帰りのバス内では観光客さんたちのお話をずっと聞いています(*^^)

住んでいる地域が違うせいか、とっても興味深いです!!

たとえば、福井からお越しの中学生と引率の先生の会話では、

先生「お前たち、大都会だぞ〜!よ〜く見とけよ〜!!!あれだぞ!!マクドナルドの色が違うんだぞ!ほれ!!今のマクドナルド見たか!?色がアカじゃなくて茶色だっただろ〜♪」

せ、先生が一番浮かれているよーーー(´・∀・`)ノ


京都は景観を大事にしようという条例がありまして、特定地域では派手な色や背の高い建物は禁止なんです。

だからマクドは赤でなく茶色、ローソンは水色でなく紺色、すき屋も赤でなく茶色という具合になっています☆

でもでもですよ。新撰組で有名な寺田屋は今パチンコ屋さんになってしまってるんですよ!!

しかもパチンコ店は自重せず派手な店構え・・・

景観どうした、景観!!


さてさて、話は戻りまして、お次は関西弁に対する反応です。

私は滋賀なので本場の京都とは少し違いますが、大阪よりも京都よりの関西弁を話します。もちろん、江州(ごうしゅう)弁こと滋賀弁も話します☆

「おおきに〜♪」とお帰りのお客さんにお礼を言うと、おお!!と驚いてくれます(^^♪

もちろん、普段は「おおきに」なんか全く使いませんけどもw商人さんや、年がかなり上の方が使われますね。

あとは、やっぱり「普通に話しているだけだろうけど、漫才を聞いているようだ」とおっしゃるお客さんも多いですw

それは確かにありますね!申し訳ないですが、東日本からの方と話をすると、少し落ち込みます。ツッコミとか返しとかがなくて・・・。

一生懸命面白く話したつもりでも、「へ〜、そうなんだ〜」と返されると、しょぼーん(´・ω・`)ってなりますw

真面目で不真面目がモットーなのであります(`・ω・´)ノ


どうか、関西の人と話をするときは、「そうなんだ〜」で終わらず、何かぼけてください。でも、どうツッコンでいいのかわからないボケは止めてください。ボケるには、しっかりしたツッコミの解答が相手にわかるようにボケなくてはいけないのです(`・ω・´)b

あれ?なんでボケの指導になったんだ・・・?

と、とりあえずそういうことなのです!!;(逃げる

スポンサーサイト

  • 2009.10.14 Wednesday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲